先端的バイオ創薬等基盤技術開発事業 Science and Technology Platform Program for Advanced Biological Medicine

採択課題

安全な遺伝子治療を目指した万能塩基編集ツールの創出

<研究開発代表者> 濡木 理

東京大学

濡木 理

 Cas9は革新的なゲノム編集ツールとして広く利用されている。しかし、ゲノムの切断に伴う欠失を引き起こす可能性があるため、“切る”ゲノム編集に警鐘が鳴らされている。これに対し、DNA切断活性を欠損させたCas9に脱アミノ化酵素を融合した塩基編集ツールは、“切らない”ゲノム編集技術として注目されている。とくに、先天性遺伝性疾患の多くが点変異によるものであるため、塩基編集技術の遺伝子治療への応用が期待されている。しかし、Cas9が標的DNAを認識するためには特定の塩基配列が必要であることから、塩基編集技術を適用できるゲノム領域は限定されている。さらに、生体内での塩基編集のためには、ウイルスベクターに搭載可能な小型の塩基編集ツールの開発が必須である。
 本研究では、小型のCas9やCas12の構造機能解析および分子改変を行うことにより、適用範囲の拡張した万能の塩基編集ツールセットの開発を目指す。血友病を先天性疾患のモデルとし、疾患iPS細胞および疾患モデルマウスにおいて、開発した塩基編集ツールの性能を評価する。以上の計画により、様々な変異に対応可能な遺伝性疾患治療ストラテジーを確立する。

page top